自己紹介

この記事は約5分で読めます。

寝ても覚めても うさぎ 「うさぎひねもす」です

ご覧いただきありがとうございます。「うさぎひねもす」と申します。

私たちの紹介をさせていただきます。

この文章を書いているのが私「五月」と申します。

そして上の絵を描いているのが「うさぎ絵師のC」です。

どうぞよろしくお願いいたします。

運 命

うさぎ絵師Cのケガをキッカケにして、

それまで平凡だった私たち2人の人生が大きく変わり始めました。

 

Cは、仕事中に左目にたいへんな大けがを負い、

それまでしていた仕事を続けることはおろか、

車の運転や一人での外出さえも難しい状況になりました。

 

事故の当日に連絡を受け、私はCの元に走りました。

 

病院でCの怪我の状況を見て

「Cの人生は、これから私が支えていこう」と瞬間的に思いました。

 

Cの事故による怪我は、それだけ酷い状態だったと記憶しています。

 

 

というわけで

うさひねCとうさぎの長十朗は、私の家にやってきたのです。

 

これからのこと

話は過去に さかのぼります。

 

Cさんとは長い付き合いです。

昔からCさんのことをよく知っていますが、

もともと絵を描くのがすごく好きな人でした。

あと、うさぎ狂人でした。

 

長年の付き合いで色々な絵を見せてもらっていましたし、

あと、Cさんの話は、「うさぎ」が中心でした。

 

「この人は「うさぎ絵師」として生きていく」

べきなんじゃないかなあと

昔から何となく思ってはいたんです。

 

とはいえ、

「好きなことで生きていく」というのは

なかなかできることじゃありません。

 

思っているだけで一歩を踏み出すことができずにいました。

まあ、普通はそんなもんだと思います。

 

ところが

今回の事故により、

神様は無理矢理Cの人生を軌道修正しました。

 

物が二重に見えてしまう「複視」という大きなハンデは負いましたが、

それでも絵を描ける目を残してくれました。

 

これは、何だかんだ言い訳をして、

やりたいことをやらない人生を歩んできた

Cさんへの試練(チャンス?)ではないでしょうか。

 

そういう風に私は勝手に思っています。

Cさんがむりやり軌道修正にした以上は、

私も全力でCに付き合います。

 

私自身も、やりたいことがあっても

言い訳をしていた口です。

ついでにCさんと一緒に

荒波の海に出ようかと考えてワクワクしています。

 

猛烈に運命に翻弄されていますが、

間違った方向へは進んでいない確信があります。

 

まだまだ未熟な「うさひね」ではありますが、どうかお付き合いください。

 

そして私たちの今後を見届けていただけたら幸いです。

うさひねメンバーの紹介

うさひねC

長十朗の産みの親と言い張る兎狂(うさキチ)
・うさぎ絵師 ・ダラ師範代
・甘やかされて伸びたいタイプ・絵を描いているかと思ったら、ソリティアしがち

仕事中に左目に大きな怪我を負うが神の助けにより奇跡的に生還

絵に集中する人生に強制的に軌道修正される

 

五月さん(うるさん)

案外きびしい
Cがさぼっているとにがい顔をしがち
・気が付くと変なものを買ってきがち
・Cと長十朗には威張られがち

 ブログのアップ率を上げるために急に思い立ってCと一緒にマンガを描きはじめた素人  

長十朗


ネザーランドドワーフ

(たぶんミニウサギ)

普段からクールビューティーだが茶碗にカリカリを入れる音がすると
目をギラギラさせてすっ飛んでくる
2017年1月生まれのこびんちゃん。

最近、健康診断で「肥満」を指摘され、カリカリを制限される。カリカリにギラギラしている。

ファントム

ミニウサギ(月組)

ヘッダーのうさぎ
通称ファンちょ
現在はCの守護天使として
左肩に乗っているらしい
長十朗とCのお世話に毎日忙しいらしい

初代さくら

ミニウサギ(月組)

 

 

↓最初のプロフィール。一応残してあります。

うさぎひねもすCと申します

はじめまして

現在、うさぎのマンガや絵などを

描いております

うさぎひねもすの『c』と申します

どうぞよろしくお願いいたします

私の人生は

うさぎ達が道を開き暗い足元を照らし

背中を押してくれて今があります

 

神様が全力で創った最高傑作うさぎとの生活や

暗やみでもがいていた自分の事を綴っていけたらと思っています

作中のうさぎは飼いうさ長十朗オス・ネザー(多分ミニうさぎ)

2017年1月中旬生まれの子です

私のことを飼い主→かいぬし→かいぬC→Cさんと呼んできます(・・・たぶん)

 

そして、お月様在住の

梅千代

さくら初代

さくら2代目

ファントム

彼らのことを描いていきます

わたしの兎狂(うさきち)ぶりをお伝えできればうれしいです

 

そして五月さん

五月さんがいなければ、絵を描くことはおろか、生きることさえ困難でした

手を差し伸べてくれてありがとう

 

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました