【うさぎの健康】EZ症(エンセファリトゾーン)【いざという時のために あらかじめ知っておきたい】

【うさぎの飼い方】 うさぎの健康
この記事は約3分で読めます。

EZ症(エンセファリトゾーン症)について

「首をずっと傾げている」「目が揺れている」

「突然走り始めたと思ったらバタンと倒れる」など、

普段とは違う行動が見られる場合は、「EZ症」の疑いがあります。

このEZ症とは、「エンセファリトゾーン」という原虫(寄生虫)が原因で発症する病気。

EZ症は、現在でもはっきりと原因が解明されていない症状です。

自己判断をせず、異常を感じた時はすぐに動物病院に連れていきましょう。

まずは、うさぎを飼う上で「EZ症」という病気がある、ということを必ず覚えておいてください。

エンセファリトゾーン(EZ)は、多くの「うさぎ」がもともと持っている原虫です。免疫力が低下しているなど、何らか原因があって、エンセファリトゾーン症が発病してしまうようです。

EZ症になると出る症状「斜頸」「眼振」「ローリング」

EZ症が発症すると、中枢神経に障害を起こすため、

うさぎの行動に異常が見られるようになります。

主に「斜頸(しゃけい」「眼振」「ローリング」と呼ばれる症状です。

斜頸(しゃけい)とは、片側に首を曲げた状態が続くことを差します。

眼振(がんしん)とは、目の玉が揺れて眼が回ったような症状になってしまう症状。

「ローリング」は、急に倒れこんでしまい、その場を回転し続ける症状です。

その他にも、痙攣や麻痺・白内障・食欲低下などの症状が見られることがあります。

斜頸の原因は「EZ症」だけではありません。「パスツレラ感染症」や「身体への強いショックを受けたことによるもの」「中耳炎」など原因はさまざまです。

以前飼っていた子がEZ症を発症した時の話

 

わたしが以前飼っていた「2代目さくら」も

EZ症を経験しています。

 

症状としては、

 

・突然走り出して壁にぶつかってしまう

・走っていたと思ったら、腰から崩れるように倒れこんでしまう

・倒れた状態でもがく、パニック状態になってしまうなど

 

慌てて駆け寄ると目の球が揺れている「眼振」の状態になっていました。

 

急いで動物病院に行ったところ、

「EZ症」との診断を受け、目の前が真っ暗になったのを覚えています。

 

病院で「駆虫薬」を処方してもらい、さくらのEZ症は改善。

早めに治療を開始したため、EZ症は完治しました。

 

EZ症の疑いがある場合は、すぐに病院へ

斜頸になったからといって「EZ症」を発症したとは限りませんが、自己判断は禁物です。

放置しておくと症状は悪化していきます。EZ症は、投薬などによって症状が治まる病ですが、

処置が遅れた分だけ改善が難しくなります。

何かおかしいと思ったら、一刻もはやく病院に連れて行き検査を受けましょう。先生の指示を仰ぎ、すぐに治療を開始することが大切です。

うさぎを飼い始めたら、必ず動物病院を探しておきましょう

うさぎを診てくれる動物病院は意外と少ないです。

何かあってから病院を探していたら間に合いません。

うさぎを飼い始めたら、まずは動物病院を選びましょう。

➪うさぎを診てくれる動物病院を探そう

 

うさぎの飼い方・選び方 トップページにもどる

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました