【後編】フレミッシュジャイアント|「岡崎東公園動物園」で世界最大級のうさぎの品種と触れ合ってきました!②

うさぎ探訪記
この記事は約8分で読めます。

後編【岡崎市東公園動物園】ついにご対面! 3匹のフレミッシュジャイアントの子供がお出迎え

 

私たちの貸切状態の中、ついに「ふれあい広場」のドアが開きました。

 

なんと

3匹のジャイアントフレミッシュが私たちを出迎えてくれました!

待ちに待ったフレミッシュジャイアントとのご対面! 大きいのが固まってますねー

大きい! 

そして可愛い!

 

興奮した私たちは、思わず駆け寄ってしまいました。

しかし、見慣れぬ人間に驚いたフレミッシュジャイアント達は、

クモの子を散らすように逃げていきます。

その走りっぷりは、私たちの知る「うさぎ」のソレとは違います。

 

うさぎといえば「軽やか」な動きの動物ですが、

フレミッシュジャイアントは「ドッタンバッタン」という形容が一番合っているかもしれません。

「小さなクマ」のような重量級の「うさぎ」が走っている様は圧巻です。

3匹は、とても広い「ふれあい広場」の中をズルンズルンと走り回りました(煙が出そうな勢いです)。

 

圧巻の香箱座り。すみません・・・そのマフ、ちょっとモフモフさせてもらえませんか?

フレミッシュジャイアントについて、飼育員さんに話を伺いました

 

3匹のフレミッシュジャイアント、実は6か月前に生まれた子供なんだそうです。

※令和元年10月現在

それぞれの名前は「なめし」と「でん」と「がく」。

3匹合わせて「菜飯田楽」。

(菜飯田楽とは、豆腐の田楽と大根菜のご飯セット・地元グルメです)

立派な足です。重い体重を支えるために、ガッチリした四肢をしています。

体長は、多少差はあるようですが、約60cm、体重が約6キロ程度。

生後6か月の子供のため、もう少し大きくなるかも、とのことでした。

フレミッシュジャイアントの特性として、食事の量を増やせば、

食べた分だけ大きくなっていくそうですが、この3匹すでに十分な貫禄です。

 

とても懐っこく人間好きな子たちなので、うさぎの方から近づいて来てくれるとのことでした。

 

私たちは、彼らに目線を合わせ、徐々に距離を縮めていきました。

そして・・・ついに頭を撫でることに成功!

普通のうさぎの3倍はあります。素晴らしいボリューム感。

実際に触れるフレミッシュジャイアントはこんな感じ!

手を広げても足りないくらいのサイズの大きな頭。

巨大なバナナの皮のような立派な耳。

そして、大きな「お饅頭」のような頑丈な手足。

 

大きな身体はボリューム感たっぷり。

撫でても撫でても、それでもまだ足りないくらいです。

 

一言でいうと「うさぎなのに、でかい!」です。

 

比較:長十朗さん(ネザー)と合成してみました(あくまで感覚です)

同じ種族? というくらい差があります。ただ、目の大きさは一緒のようでした。うん●もビックサイズなのか非常に気になりましたが、残念ながら見ることができませんでした。

フレミッシュジャイアント

「なめし」「でん」「がく」

6か月のこびんちゃん

体長約60cm 体重約6kg

ネザーランドドワーフ

「長十朗」

2歳半 結構いい年

体長約30cm 体重約1.2kg

 

しばらくすると、私たちに慣れてくれたのか、

自ら頭を差出してきたり、鼻先でツンツンしてくるなど、

「撫で」を希望するようになってきました。

 

とても大きなサイズのジャイアントフレミッシュですが、

普通のうさぎと何ら変わらない習性を持っています。

慣れてくると、「撫でろ撫でろ」攻撃が始まります。気が付いたら「撫で待ち」の行列ができていました。しばらくお待ちくださーい

ジャイアントフレミッシュの性格に関しては、

(この子たちの話になりますが)「非常に懐っこくて大人しい」です。

もちろん個体差はあるのでしょうが、人間にも慣れており、

とても甘えん坊な品種のようです。

家族としてお迎えした場合も、とても懐いてくれるんだろうなあと感じました。

大きいけど、その仕草はやっぱりうさぎです。かわいいですね。

 

 

 

 

★★★★★★★★★★★★

 

フレミッシュジャイアントの頭を撫でくり回していたその時です。

隣の小屋にいるヤギが「めえええぇ」と大きな声で鳴きました。

 

驚いたフレミッシュジャイアントたちは、興奮してバッタンバッタンと走り始めました。

そして、ようやく立ち止まったと思ったら、ド迫力のストンピング。

「ドターーン」という大きな音が広場に響き渡りました。す、すごい・・・。

ドッタンドッタン! フレミッシュジャイアントの走りは重量感があります。まさに「フランスの巨人」。

まとめ

30分だったのか、それとも1時間は経っていたのか・・・。

フレミッシュジャイアントとの触れ合いは、まさに至福のひとときでした。

 

今まで考えていた「うさぎ」と比べ、サイズはもちろん、その存在感がケタ違いです。

また、大きなうさぎではありますが、大人しくおっとりした性格のため、

噛まれるなどの危険はまったく感じませんでした。

これまでの「うさぎ感」が一変しますので、一度動物園などで触れ合ってみることをおススメします。

ご覧ください。この「うさけつ」。こりゃあ動物園に見に行くしかありませんね!

サイズやお世話などを考えると、簡単にお迎えするのは難しいのかなと感じましたが、

個人的には、いつかは一緒に暮らしてみたいと思いました。

うさぎって、本当どの子も可愛いです。

 

フレミッシュジャイアントを間近で体験することができる「岡崎市東公園動物園」は、

大変おススメです!

飼育員さんも、皆さん動物が大好きで親切な方ばかりでした。

ぜひ一度、足を運んでみてください!

ふれあい広場では、色々な動物と触れ合うことができます。ただし、日替わりで動物が変わりますので、事前確認をおススメします。

岡崎市 東公園動物園のご案内

出典:岡崎市ホームページ

開園時間:

  • 9時から16時30分(入園料無料)
  • 暴風警報の発令などによって、来園者に危険が及ぶ可能性がある場合は動物園を閉園します。

動物の展示時間:

  • 9時から15時30分まで
  • 天候の急変および動物の体調により一部展示を控える場合があります。

休園日:

  • 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日以降の最初の祝日でない日)
  • 年末年始(12月29日から1月2日)

動物園からのお願い:

  • ペットは、入園できません。
  • 販売しているエサ以外は与えないで下さい。
  • 柵の中には入らないで下さい。
  • 園内は分煙です。喫煙は、指定の場所でお願いします。

電話:動物総合センター 0564‐27-0444

住所:愛知県岡崎市欠町字大山田1番地

出典:グーグルマップ

目標達成! うさひね宅に帰ってまいりました

無事に本日のミッションをクリアした我々は、意気揚々と帰還しました。
そして、長十朗さんから一言。
※・・・キミのほうが大分こびんちゃんですよー(五月)
⇩前編はこちら
https://usagi.fun/2019/10/26/okazaki-city-east-park-zoo/

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました