【うさぎ絵日記】 哀しき10月のラブソング 【ウサギ イラスト】

月組たちの思い出【絵日記 C作】
この記事は約3分で読めます。

【うさぎ絵日記】 哀しき10月のラブソング

 

今日は2代目さくらの時の お話です

 

2代目は小さな身体にマフが3段もある

女子力高めの美人な子でした

 

初代も2代目もトイレが完璧だったので

部屋で放し飼いの生活でした

 

どういう訳か 2匹とも私の枕もとで寝るように

なっていました

 

温暖な県にあったのに 祖父母の家は山勝ちで

冬の訪れは早かったです

 

また 山の木々は植林のせいで 錦に彩られることなく

冬に移り変わるので 少し寂しい感じがしました

 

ここは10月となれば

もう晩秋の装いとなります

 

その日は10月半ばの頃だったでしょうか

 

すでに肌寒く 朝は布団から出られず

さくらに くっついていました

 

 

しばらく経って

私は布団から上半身を起こし

耳をそばだてました

 

車の音

鳥の鳴き声に混って

ツクツクボウシの声が聞こえたのです

 

田舎で育ったからか、ツクツクボウシは

晩夏になって、慌てて鳴き始める

イメージがありました

 

でも もう気温もぐっと下がり

冬の気配が満ちています

 

家のすぐ裏には 山々が連なっており

そこで たった一匹が鳴いているのです

 

「ツクツクボーシ ツクツクボーシ ツクツク・・・」

 

大きな大きな声で恋の歌を歌っています

 

だけど それに応える声はありません

 

競う仲間さえ もういません

 

彼は 声の限りを尽くして歌っているのです

 

「ツクツクボーシ ツクツクボーシ ツクツク・・・」

 

次の日も 彼は一匹で歌い続けています

 

でも 3日目には 声が途絶えました

 

 

 

 

 

私が 今までで聴いた

一番切ないラブソングでした

 

 

その身体を土に還して また生まれておいで

 

今度は仲間と一緒に

 

恋しいあの子に向けて

 

高らかと歌えるように

 

 

➪うさぎ絵日記にもどる

 

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました