【うさぎの健康】パスツレラ感染症 【くしゃみを連発する、ひどい鼻水・涙や目ヤニなどの症状が見られたら】

【うさぎの飼い方】 うさぎの健康
この記事は約4分で読めます。

【うさぎの健康】 パスツレラ感染症

パスツレラ感染症とは

「頻繁にクシャミをする」「ひどい鼻水」などの症状がうさぎに見られた場合、

「パツスレラ感染症」の疑いがあります。

6~7割のウサギは、鼻腔周辺に「パスツレラ菌」をもともと保有していますが、

免疫力が高く健康な状態であれば通常は発症しません。

「体力が落ちている」「ストレスが溜まっている」など、

うさぎの免疫力の低下により「パスツレラ感染症」が発症しやすいと言えます。

約60~70%のうさぎが「パスツレラ菌」をもともと保有しているといわれます。
パスツレラ感染症は、動物由来感染症の一種です。「動物由来感染症」とは、動物から人に伝染する可能性のある感染症のことです。人が感染した場合は「敗血症」になる恐れがあります。

放置しておくと怖いパスツレラ感染症 【重篤化する前に】

上記のとおり頻繁にクシャミをする・鼻水が出る、

その他にも、鼻涙(びるい)管の詰まりにより「涙が出る」「目ヤニ」などの症状が見られた場合は、

「パスツレラ感染症」を疑い、早めに動物病院を受診しましょう。

チモシーのカスなどによる単なるクシャミの可能性もありますが、

自己判断は禁物です。

「パスツレラ感染症」が発症していた場合、放置しておくと症状は重篤化します。

感染経路により異なる症状

初期症状での治療を行わず、発見が遅れてしまった場合、

身体のさまざまな部位に「パスツレラ感染症」の症状が現れます。

感染経路により症状は異なります。

「肺に感染した場合は、肺炎や呼吸困難などの症状」

「耳に感染した場合は、斜頸(しゃけい)や眼振(がんしん)などの症状」

「感染箇所に皮下膿瘍(細菌が繁殖して膿が溜まってしまう症状)が発生」

などの恐ろしい症状が見られます。

「様子がおかしいな」と思ったら、

取り返しのつかなくなってしまうその前に動物病院を受診しましょう。

パスツレラ感染症は、早期発見・早期治療が大切です。

パスツレラ感染症の治療

病院での検査を行い、パスツレラ感染症が認められた場合は、

抗生物質の投与や目薬の点眼など、適切な治療が必要となります。

治療期間は、長期化することもありますが、適切な治療により徐々に症状が治まります。

動物病院の先生と相談をし、適切な治療をじっくり続けましょう。

 

しかし、パスツレラ感染症は、一度発症してしまうと完治することはなく、

症状が治まったと思っていても、免疫力の低下により再発の可能性があります。

「パスツレラ感染症」は、他のうさぎにも感染する恐れがあります。くしゃみや鼻水などの飛沫による感染、交尾などによる感染など経路はいくつかあります。「感染している」「感染の疑いがある」場合は、二次感染を防ぐためにも他のうさぎとの接触は避けましょう。

パスツレラ感染症を防ぐ為に”私たち飼い主ができること”

パスツレラ菌が発症してしまう主な原因は、

「ストレス」や「体力の低下」により、うさぎの身体の免疫力が弱まり、

パスツレラ菌の発病を抑えておくことができなくなるためです。

私たち飼い主が予防のためにしてあがられること、

それは、うさぎが快適な生活を送れる環境をキチンと整えてあげることに尽きます。

排泄物などで身体が汚れている・ケージ内が掃除されておらず、アンモニア臭が漂っている状態などはもってのほか。ケージ内は、常に清潔に保ってあげましょう。
うさぎが過ごす部屋の温度と湿度の管理をキッチリ行い、うさぎが快適に過ごせる状態にしてあげることが必要です。
騒音や驚かすなどして、うさぎに過度なストレスを与えてはいけません。
チモシーやペレットなどの繊維質豊富な食べ物を中心に与え、うさぎにとって必要な栄養素をしっかりと摂ってもらいましょう。

このように、毎日のお世話をキッチリと行うことが「パツスレラ感染症」の予防策です。

とはいえ、どんなにお世話をしっかりしていても

老化などに伴う免疫力の低下により「パスツレラ菌」が発症してしまうことはあります。

 

私たち飼い主は、普段からうさぎの行動を観察し、

うさぎの「異常」を早めに気が付いてあげることが大切です。

 

少しでもおかしいなと思ったら、自己判断はせずに動物病院に早めに連れて行き、

早めの治療を心がけましょう。

 

これまでに飼ってきた子は、

「パスツレラ感染症」に

かかったことはありませんでした。

 

うさぎは、気が付くと

どこかしら調子が悪くなっていることが多いです。

 

お世話をしながら異常がないかを確かめ、

何かあったら「すぐに気が付く」ように心がけています。

 

➪うさぎの健康 トップページにもどる

 

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました